RPAによる統制のメリットを分かりやすく解説します

日本では昔から、人の手による仕事がなされてきました。それは世界でも同じです。それが、近年様々な事がIT化されてきています。それに伴い、人々の働き方も変わってきています。日本人は働きすぎだとか、休みを取らないなどと言われていますが、確かに日本人の有給消化率は悪いです。背景には上司が休みを取らないと休みにくいとか、休まないで遅くまで仕事をする事が美学だといった考えが根強くあるからに他なりません。そんな社会を変える為、近年働き方改革という言葉があちこちできかれます。そういった働き方改革の一端を担うのが、RPAであり、RPAによる統制でもあります。少々難しい話にはなりますが、確実に近い未来RPAが第一線で活躍する時代がやってきます。それにより、人間がするべき仕事の内容も変化していきます。

RPAとはなにか、かみ砕いて説明します

RPAとは、ロボティックプロセスオートメーションの略です。つまり、ホワイトカラーの単純作業の業務を自動化するロボットの事を指します。具体的にRPAが自動化できるものは、コピーやペースト、ログイン、ファイルダウンロード、リサーチ、メール送信、画像編集、定型文の作成、データ入力などの、パソコン上で行なう単純作業です。今まで人が手作業で行っていた単純作業を任せる事ができれば、その分他の作業ができるようになります。よく、ITに仕事を奪われると言いますが、それは少し違うと思います。AIなどが人間の仕事をするようになると、確かに今までその仕事をしていた人は仕事を奪われたと感じるでしょう。しかし、その仕事が無くても、人間がやるべき仕事は他にもあります。任せられる仕事は任せて、他の仕事が出来るようになるだけの話です。では、RPAによる統制に焦点をあてていきましょう。

RPAによる統制の必要性と注意点について

RPAによる社内統制を導入するメリットは、生産性の向上や働き方改革、リスクマネジメントがあります。人間よりもはるかに早い速度で正確な仕事が出来るので、生産性は飛躍的に向上します。RPAに仕事を任せる事により時間の削減になり、働き方改革につながります。ヒューマンエラーが無いので、さまざまなリスクを回避する事ができます。このような観点からしても、必要性は高いと判断できます。しかし、注意点を抑えておかないと、リスクを増やす事に繋がってしまいます。まず、システムの変更があった時にはそれを共有するシステムが必要です。RPAは正解不正解の判断をしませんので、変更がなされていないと間違ったまま作業を進めてしまいます。他にも不正アクセスのリスクや災害やシステムダウンなどで業務停止するリスクもあります。ヒューマンエラーではないリスクが出てくるので、見直しや整備が必要になってきます。