統制をRPAに任せれば社内環境はこう変化するでしょう

RPAとはロボティーック・プロセス・オートメーションの略で、任地技術を取り入れたロボットを使って業務の自動化、効率化を図る取り組みの全般を指します。業務の標準化、デジタル化を推進することで多様な業務を代わりに行ってくれます。導入を検討するうえでRPAのツールの選定という段階があります。うまく導入することができれば、業務時間削除やコスト削減等、さまざまな効果が得られます。RPAが適用されているのか把握できずセキュリティ管理が不安という問題点もしばしばあります。機能とリスクなどの統制を正しく理解するために経営者やロボットの管理者を教育することが必要となります。社員の教育態勢の構築が必要になります。コミュニケーションが変化する業務活動の報告や指示などがあります。RPAの導入によって業務に直接関係する部門の統制だけでなく全社的な統制が重要です。

社内統制をRPAに任せる必要性とは

RPAの導入によって業務を代替させる際、内部統制の観点から役割や業務範囲を定義して社内規程類の整備が必要となります。RPA導入に関するアプローチは、導入の際実装だけでなく社内環境整備も並行して行う必要があります。規程整備のプロセスは各タスクに要諦しています。RPA導入することにより影響を受ける関連規定の特定が必要です。関連規程の細則や通達などの特定が完了したら、導入による影響の有無について内容を一つずつ確認します。来て規程の改訂が必要となった際、改訂案を作成します。関連部署との調整を行い、定められた手続をして規程の改訂を行います。規程や条文の新設が必要となる場合にも同様の作業を行います。導入後、改訂した規程で支障が起きてないのか確認します。内部監査において、実際の業務が規程、通達などのルールによって実施されているかを検討します。

RPAを導入時する時の規程整備

RPAの導入による注意点は、財務報告に係るプロセスの導入する際、ITに係る統制にも影響を及ぼす可能性があります。事業継続計画やセキュリティなどの分野にも影響があります。これらの整備運用の際、システム部門だけでなく関連部門との連携が重要となります。導入すれば業務効率化に大きく影響していくと言われています。自動化することを目的として利用されています。人が行うよりもスピードや正確性が大きく向上することが理由です。RPAはいつでも業務を行うことができ、それらを人よりも素早く正確に行うことができます。単純なオフィス業務を任せることにより別の業務が可能なので業務の生産性が向上します。RPAは上手に活用し業務効率化などの多くのメリットがあります。一方できちんと管理していなければ少なからずリスクを伴います。業務効率化という点だけでなくリスク及び内部統制にも検討していく必要があります。