統制のRPA導入についての最適な方法を解説

RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの頭文字です。これまで、人間がやらなければならないと考えられていた仕事を、コンピューターで行うことを言います。ロボットと言っても、いわゆる機械が動くものではなく、ソフトウェアが働く、デジタルロボットという考え方です。これまでは、ロボットと言えばブルーカラーの仕事を代替えする用途でしたが、RPAは、ホワイトカラーの仕事を代替えすることになります。そして、その内容は、パソコン入力業務の効率化や高速化だけでなく、まとまったシステムとしての統制を含めて考えられるようになってきています。人間の長時間労働の是正や生産労働人口の減少に伴い、人材の有効活用の観点からも、RPAの導入が求められています。RPAは人間と異なり、24時間365日稼働することが出来ますので、まず、単純作業をRPAに置き換えるところからスタートすることがお勧めです。

ロボットを利用して仕事を高度化する

RPAの導入により、社内の内部統制は確実に高度化します。職務遂行のための人的コストは明らかに減少しますし、業務処理の正確性も大きく向上します。入力ミスなども含め、現行の内部統制が想定しているリスクが大きく低減します。デジタルロボットには不正の動機が無いことから、不正のリスクも低下することになります。そして、少ない人的資源は、クリエイティブな仕事に専念できるようになります。そのためにも、単純作業の置き換えからRPAをスタートした場合も、社内統制も含めたRPAの推進を目標とすることが良いということになります。RPAの運用に当たっては、その処理が停止した場合のリカバリーを考えておく必要が有ります。異常停止後にリカバリーが出来ず、業務停止となると、企業にとっては死活問題になりかねません。

RPAの運用にはリスクマネジメントが重要です

RPAの導入には、段階が有ります。雑用レベルの単純作業からスタートし、定型業務以外の複雑な作業に進みます。そして、社内の仕事全般の統制に至ることになります。そのように進める段階で、当然、リスク管理が重要になります。業務におけるRPAの重要度が増すほど、その処理が停止した場合衝撃も大きなものになります。さらに、ITの統制が取れていない会社は、第三者にリモート制御される危険も有ります。したがって、RPAの導入によって人員を削減するだけではなく、RPAの導入と同時に、それに関わるノウハウの蓄積を充分に行い、また、RPAを管理するシステム部門を置き、適切な運用とセキュリティ管理を行う必要があります。RPAの導入は、単に人の置き換えや業務の効率化だけではなく、人間とRPAの相乗効果による仕事の高度化を考えて進めることが重要です。