パワーストーンの基本「水晶」

パワーストーンには数えきれないくらいの種類がありますがその中でも、基本中の基本となる石が「水晶」です。水晶は産出地が多く、古代から成果中の人々に神聖視されてきた万物の調和という力を司るパワーストーンです。しかし水晶といっても、その中でも色々な種類があるんですよ。そこで様々な水晶の種類を簡単に紹介してみたいと思います。まず一番の基本になっているのがクウォーツです。これは無色透明で透き通った、一般的によく見られる水晶です。クウォーツには昔から精霊が宿る石とされ、神聖な儀式に用いられていました。浄化作用が強く、万物を調和する効力があります。

そのため他のパワーストーンを組み合わせるときにも調和剤として用いられることがあります。万能の効力を秘めているので、持っていても損はないパワーストーンです。次によく聞くのはローズクウォーツです。ローズクウォーツは薄いピンク色をしたかわいらしい水晶です。愛と美の女神アフロディーテの石とされ、アフロディーテに捧げられたバラからこの名が由来するともいわれています。その効力は恋愛に大きく関係してくるようです。恋愛成就や自己愛などはもちろん、美を司る石でもあるので女性の間では絶大な人気を誇っています。またヒーリング効果も高いことも人気の秘密のようです。次に紹介するのはガーデンクウォーツです。ガーデンクウォーツはひとつひとつ模様が異なり、個々の世界観を広さを表すパワーストーンです。透明な水晶の中に広がる模様が、まるで庭園のような事からこの名がつきました。石の効力はとても強いのですが、癖がないため持つ人を選ばないのも特徴です。石の効力はビジネス運の上昇とや財運・開運です。特に土地に携わる仕事の方に、大きな力を発揮すると言われています。

そして最後に紹介するのがファントムクウォーツです。ファントムクウォーツとは、水晶の中に幾重もの年輪模様が入ったもので停滞した状況や、人生における困難を乗り越える克服の象徴とされています。ファントムクウォーツは水晶の結晶が生成していく過程で、一時的に成長が止まり、その後再び成長を開始した時、その境目に他の物質を取り込むことで、このような模様ができるというとても幻想的なパワーストーンです。その時取り込んだ物質によって色合いが変わり、グリーンファントム・ブルーファントム・ホワイトファントムなどさまざまなファントムクウォーツが出来上がるのです。商売や事業のお守りや、子供の成長のお守りとして非常に人気の高い水晶です。このように水晶の中でも様々な種類があります。安易に水晶を選ぶのではなく、水晶の中でも自分に合ったものを探してみるのも面白いかもしれませんね。