RPAの統制に関して知っておくべきポイントを解説します

RPAは『Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)』の略語であり、デスクワークにおけるパソコンを使った定型作業、すなわち人間の判断をさほど必要としない作業を、ソフトウェア型ロボットが業務代行や自動化する概念を指します。例えば、経理業務のような定型的で何度も繰り返すような作業にRPAを導入すれば、業務時間の短縮、人員の削減、ミスの低減といったメリットが見込めます。Excelマクロでも似たような事は可能ですが、RPAはプログラミング知識を必要とせず、誰でもロボットに指示を出すことができ、内容が簡潔なためにブラックボックス化しにくく、ほとんどのアプリケーションを自動化できるといった点で、Excelマクロのような既存の手法とは一線を画すシステムとなっており、近年では社内統制へと導入する企業も増えています。

RPAを社内統制に任せる利点とリスク

RPAの導入範囲は拡大を続けており、社内統制にもRPAを導入する企業は年々増え続けています。RPA導入は、企業内部での業務プロセス遂行に必要な人的コストやシステム運営コストを削減することができ、人間の不注意によるミスを防止することも可能です。これまで人間の手で行ってきた単純な作業をロボットに任せてしまうことで、人間はより高度な作業に従事することができ、社内全体の生産性向上が期待できます。その一方で、RPA導入によるリスクもあります。例えば、不測の事態が起きた場合には、人間ほど柔軟には対応できません。あらゆる事態に備えるためにRPAのシステムを整備するとなれば、相応のコストが必要となり、導入前よりもコストが嵩むといった事にもなりかねません。このようにRPA導入にはメリットとデメリットがあり、社内統制へ導入する際には、導入範囲やリスク管理を慎重に検討する必要があります。

RPAを社内統制に任せる際のポイント

RPAを導入する際に気を付けるべき点は、何よりリスクへの対応です。不測の事態への対応だけでなく、RPAの処理プログラミング自体に不備があった場合には、誤った処理に気付かないまま業務が遂行され続けてしまう恐れがあります。データの流出や改竄についても留意すべきです。個人情報や企業機密を扱うような部署でRPAを導入する際には、セキュリティを厳重に整備する必要があります。ソフトウェアだけでなく、RPAを稼働させるハードウェアの物理的な故障についても継続的なメンテナンスが必須です。仮にRPAに社内統制の多くを依存していた場合に、機器を物理的に破損させてしまうと、社内全体の業務が滞ってしまう危険性があります。RPA導入には慎重な検討が必要不可欠で、導入後もRPAに関する規定や、不測の事態が起きたときのマニュアルを用意しておいた方が良いでしょう。